6万円台になっている、GMTマスター2緑文字盤116718LN

「緑」という要素は、ロレックスの大人気アイテムでありますが、「緑文字盤かつスポーツモデル」という存在はそこまで多くなく、そのいずれもが「かなり高い」という価格帯にいる印象です。

そのため、116718LN緑文字盤は、以前から「値動きが派手」で「相場が高い」という存在となっているわけですが、その2022年水準はどうなっているかというと、やはり今までと同じような値動きといった様子です。

前回、この116718LN緑文字盤をお伝えしたのは、2021年6月ですが、その際の水準は3万円。それが今や、約5万円となっているのです。

ロレックス スーパーコピーGMTマスターII 116718LN

型番116718LN

機械自動巻き

材質名イエローゴールド

ブレス・ストラップブレス

タイプメンズ

カラーグリーン

外装特徴回転ベゼル

ケースサイズ40.0mm

ブレス内径 【測り方】約19.0cm

機能3タイム表示

デイト表示

付属品【詳細】内箱

外箱

ギャランティー

116718LN緑文字盤の値動きは、『9ヶ月で約2万円の上昇』となるわけですが、2022年になってから、これよりも派手な値動きとなったモデルは多々存在します。

そのため、“値動き”といった観点では、“特に凄い”とはいえない状態です。

とはいえ、116718LN緑文字盤の現在水準を見ると、4万円台。もはや10万円近いともいえるわけで、やはり「凄い」という感覚になります。

116718LN緑文字盤は、他のK18スポーツモデルと比べて高い水準に位置していることから、これまでも、上昇するたびに「驚くほど高くなった」という感覚があったわけですが、現在水準を見ると、過去水準は「かなり安かった」となってしまいます。

【関連記事】:http://bskoshi2.com/wp-includes/pomo/diary.cgi

0 thoughts on “6万円台になっている、GMTマスター2緑文字盤116718LN

バーキン スーパーコピー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です