【2022年新作時計】A.ランゲ&ゾーネ|1815ファミリーに新たなラトラパントモデルが仲間入り!

A.ランゲ&ゾーネの1815 ファミリーに、ラトラパント・クロノグラフを搭載したモデルが仲間入りした。

この“ラトラパント”とは、またの名を“スプリットセコンド”とも言い、重なり合う計時用の2本の針で二つの経過時間を計ることができるクロノグラフの上位機構だ。A.ランゲ&ゾーネは、この分野においてひと際存在感を放つブランドであり、2004年には精密スーパーコピー時計製造の歴史上初のダブルラトラパント仕様で、中間タイムの計測時間枠を一般的な60秒から30分に拡大したダブルスプリットを、さらに18年には計測時間枠を12時間へと飛躍的に拡大させたトリプルスプリットを発表している。またこのほかにも過去発表されたラトラパントモデルは、永久カレンダーなどとセットとなった大作が多いのだが、今回発表した“1815 ラトラパント”は、純粋なラトラパント機構に特化したモデルとなる。

2022年 A.ランゲ&ゾーネ新作 1815 ラトラパント・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ” 425.050

1815 ラトラパント・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”
Ref:425.050
ケース径:41.2mm
ケース厚:12.6mm
ケース素材:18Kハニーゴールド®
ストラップ:手縫いのダークブラウンレザー、18Kハニーゴールド®製ピンバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.L101.2(ランゲ自社製)、58時間パワーリザーブ(完全巻上げ状態)、毎時21,600振動、36石
仕様:時・分表示、ストップセコンド機能搭載スモールセコンド、30分積算計付きラトラパント・クロノグラフ、タキメータースケール、サファイアクリスタル風防(モース硬度9)、シルバー無垢製のブラックダイアル
限定:世界限定100本、ブティック限定

ラトラパント機構のみを搭載した、2作目の1815

ラトラパント機構に特化したモデルは、工房設立175周年を記念して2020年に発表されたアニバーサリー エディション以来であり、新たにシルバー無垢の文字盤とプラチナケースが採用されたものだ。

複雑時計を得意とするA.ランゲ&ゾーネとしてはかなり機能を絞り込んだモデルだが、そのぶん気品を漂わせながらも、機能美が際立った表情となっている。またサファイアクリスタルのシースルーバックから見える手巻きのCal.L101.2の造形美も圧巻である。ラトラパント・クロノグラフ機構を搭載するキャリバーとして7個目となるこのムーヴメントは、構造的に優れているだけでなく、ハンドエングレービング入りのテンプ受けを採用するなど、伝統の要素と現代の時計師の技能が融合して生み出された“総合芸術作品”と呼べる仕上がりだ。

【関連記事】:「腕時計」関連の最新 ニュース?レビュー?解説 記事 まとめ

0 thoughts on “【2022年新作時計】A.ランゲ&ゾーネ|1815ファミリーに新たなラトラパントモデルが仲間入り!

  1. インターネット通販での「代金を支払ったのに商品が届かない」「注文した商品とちがうものや偽物が届いた」などのトラブルは、悪質な通販サイトによるものかも。

特徴のある柄が人気スーパーコピースニーカー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です